筋肉量を維持したい!筋トレの頻度はどれくらいが適切なの?

スポンサーリンク

筋肉量を維持したい!筋トレの頻度はどれくらいが適切なの?

筋肉量を維持したい

筋肉量はもう十分!後は維持したい

世の中、すべての人がゴリマッチョを目指している訳ではありません。

ある程度まで筋肉がつけば、それで十分だと感じる人も多いのではないでしょうか?
そんな人は、後は「筋肉量を維持していきたい」と考えるはずです。

では、筋肉量を維持していくためには、どんな生活を送れば良いのでしょうか?
いきなり筋トレをやめてしまうと、もちろん筋肉は徐々に減っていってしまいます。
筋肉量を維持するためにも、それなりに工夫をしていく必要があります。

筋トレの頻度を減らし、適切な生活を送ることで筋肉量を維持することができます。
今まで筋トレに使っていた分だけの時間が増えるので、他の新しいことや好きなことに時間を使っていけるようになりますね。

モモイ
モモイ

目的を達成したら、筋肉量を維持する生活にシフトするのも良いね

筋肉量を維持する筋トレの頻度は1週間に1度が目安

筋肉量を維持するための筋トレは、1週間に1度が目安になります。
1週間に1度は全身を鍛えて、すべての筋肉に刺激を与えることが大切です。

ただし、筋肥大の筋トレのように、限界まで頑張る必要はありません。
限界の1歩手前でやめるのがコツです。

また、重量を軽くしてはいけません。
重量を軽くすると、遅筋に刺激が入り速筋の筋肉量が減少してしまいます。
今までと重量は変えずに、限界の1歩手前までの筋トレを心がけましょう。

モモイ
モモイ

1度に全身を鍛えるのが大変なら、分割法でやってみるのも良いよ

筋肉量を維持するためでも食事はしっかりとる

筋トレの頻度が減ったからと言って、食事の量を減らすのはNGです。
今までと同じように、食事はしっかりとりましょう。

筋肉は、日常的に分解と修復を繰り返しています。
そのため、タンパク質と栄養は減らさないようにするべきです。

それでも、カロリーが気になる人は「糖質」を減らしましょう。

糖質の多い食べ物
  • 白米
  • パン
  • めん類
  • パスタ
  • いも類
  • 洋菓子
  • ジュース

糖質を減らすことで、体脂肪がつきにくくなります。

モモイ
モモイ

筋トレの頻度を減らしても、タンパク質と栄養は十分にとろう!
摂取カロリーを減らしたいなら「糖質」や「脂質」を減らそうね

筋肉量の維持には睡眠も大切

睡眠時間を減らすのもNGです。
睡眠中には、筋肉の修復を促進する「成長ホルモン」が多く分泌されます。

睡眠時間を減らせば、それだけ成長ホルモンの分泌量を減ることになります。
筋肉の修復がうまくいかなくなり、それだけ筋肉量の減少が進んでしまいます。

7時間の睡眠を心がけ、積極的に質の良い睡眠をとっていきましょう。

モモイ
モモイ

睡眠は筋肉を修復する最大のチャンス
筋トレの頻度を減らしてからも、十分な睡眠時間を確保しよう

まとめ

  • 筋トレの頻度を減らし、適切な生活を送ることで筋肉量を維持することができる
  • 筋肉量を維持するための筋トレは、1週間に1度が目安
  • 筋トレの重量を軽くするのはNG。重量を軽くすると遅筋に刺激が入り速筋の筋肉量が減少してしまう
  • タンパク質と栄養は減らさないようにする。カロリーが気になるなら「糖質」や「脂質」を減らせば良い
  • 筋トレの頻度を減らしてからも、十分な睡眠時間を確保しよう

コメント

タイトルとURLをコピーしました