筋肉を限界まで追い込む!筋トレはドロップセットでオールアウトする

スポンサーリンク

筋肉を限界まで追い込む!筋トレはドロップセットでオールアウトする

オールアウト

筋肉はオールアウトすることで成長する

筋トレで言うオールアウトとは、「すべての力を出し切る」という意味があります。

筋肉を効率よく成長させるためには、筋トレで毎回オールアウトする大切です。
オールアウトすることで、次のようなことが起こります。

オールアウトで起こること
  • 筋肉が傷つく
  • 脳に危険信号が送られる

筋肉は修復されるときに大きく成長します。
筋肉が修復するためには、まず筋肉を傷つける必要があります。
決まった回数や重量の筋トレばかりでは、うまく筋肉を傷つけることができません。
筋肉を傷つけるためには、オールアウトすることがとても有効です。

また、オールアウトは脳に危険信号を送る効果もあります。
「こんなに負荷がかかるなら筋肉を成長させないと危険だ!」という危険信号を脳が受け取ると、筋肉を成長させる「成長ホルモン」が大量に分泌されます。
オールアウトで傷ついた筋肉は、成長ホルモンによって強く大きく修復されます。

筋肉は、オールアウトすることで効率よくどんどん成長していきます。

  • 筋肉を効率よく成長させるためには、筋トレで毎回オールアウトする大切
  • オールアウトすることで筋肉が傷つき脳から成長ホルモンを大量に分泌させることができる

筋トレでオールアウトするのは意外と難しい

実は、筋トレで毎回オールアウトするのは意外と難しいのです。

体の調子と同じように、筋肉の調子も日によって変わります。
毎回、同じ重量や回数、セット数で筋トレをしていると、調子の悪い日はオールアウトできるかもしれませんが、調子の良い日はオールアウトできないでしょう。

その日の筋肉の調子に合わせて、重量や回数、セット数を変えるのが一番良いです。
しかし、見極めるのが難しく何より面倒です。

そんなときにオススメなのが、「ドロップセット」です。
ドロップセットなら、毎回の筋トレを無理なくオールアウトさせることができます。

  • 筋トレで毎回オールアウトするのは意外と難しい
  • ドロップセットをすることで、毎回の筋トレを無理なくオールアウトさせることができる

誰でもできるドロップセットのやり方

ドロップセットは誰でもできる簡単なトレーニング方法です。
ドロップセットのやり方をご紹介します。

ドロップセットのやり方
  1. いつも扱っている重量で限界までやる
  2. インターバル無しで、重量を1つ落として限界までやる
  3. 「2」を繰り返す

例えば、いつも10kgの重量でダンベルカールをしているとします。
1セット目は、10kgの重量で回数は決めず限界まで行います。
2セット目は、1つ重量を落とした9kgの重量で同様に限界まで行います。
3セット目は、さらに1つ重量を落とした8kgで・・・というように、少しずつ重量を落としながら限界まで行うということを繰り返していきます。

どの重量まで行うかは自由ですが、あまり軽い重量だと効果が無くなってしまいます。
1セット目の半分の重量ぐらいまで行うのがオススメです。

このドロップセットを行うことで、効率的に筋肉を限界まで追い込むことができます。
オールアウトするためには、ドロップセットがとても有効です。

  • ドロップセットは、少しずつ重量を落としながら限界まで行うということを繰り返していくトレーニング

筋肉の材料となるタンパク質と栄養も忘れずにとる

ドロップセットで筋肉を傷つけた後は、十分なタンパク質と栄養をとりましょう。

特定の食材からだけではなく、できるだけ色々な食材を食べることが大切です。
肉や魚、鶏卵など、色々な食材を食べることで、多くの種類のアミノ酸や栄養をとることができます。

うまくタンパク質と栄養素がとれない日もあるかもしれません。
そんなときは、プロテインやサプリで不足分を補いましょう。

プロテイン、筋肉サプリ、スポーツウェアの海外通販【Myprotein】

また、寝不足も筋肉を成長させるためには障害になります。
できるだけ生活の無駄を省き、貴重な睡眠時間を少しでも確保しましょう。

  • 傷ついた筋肉を修復するために、十分なタンパク質と栄養をとる。また、睡眠時間も十分に確保する

まとめ

  • 筋肉を効率よく成長させるためには、筋トレで毎回オールアウトする大切
  • 筋トレで毎回オールアウトするのは意外と難しい
  • ドロップセットをすることで、毎回の筋トレを無理なくオールアウトさせることができる
  • ドロップセットは、少しずつ重量を落としながら限界まで行うということを繰り返していくトレーニング
  • 傷ついた筋肉を修復するために、十分なタンパク質と栄養をとる。また、睡眠時間も十分に確保する

コメント

タイトルとURLをコピーしました