糖質制限やりすぎてない?体からの危険信号に注意しよう【ダイエット】

スポンサーリンク

糖質制限やりすぎてない?体からの危険信号に注意しよう

NG

糖質制限のやりすぎは危険

糖質制限ダイエットは、とても人気のダイエット方法です。

糖質は、脂質やタンパク質よりも、体脂肪になりやすいという特徴があります。

糖質を多く含む食べ物
  • 白米
  • パスタ
  • パン類
  • めん類
  • 芋類
  • 果物
  • 砂糖
  • はちみつ

体脂肪になりやすい「糖質をなるべく食べない」という分かりやすいダイエットです。

正しく糖質制限を行うことで、大きなダイエット効果が期待できます。

糖質

実際に、糖質制限ダイエットは、すぐに効果が現れる人が多いです。

もっと早く、もっと大きな効果を求めて、どんどん糖質制限を厳しくしてしまいます。

しかし、糖質制限をやりすぎると、徐々に不健康になってしまいます

徐々に不健康になっていくと、不調の原因が糖質制限だとは気付くことができません。

不健康な状態では、どんなダイエットも成功することはありません。

糖質制限をやりすぎることで、どんな不調が体に現れるかを知っておきましょう。

  • 糖質は、脂質やタンパク質よりも体脂肪になりやすい
  • 糖質制限をやりすぎると、徐々に不健康になってしまう

糖質不足はエネルギー不足

糖質は、体内エネルギーの原料です。

厳しい糖質制限は、体内のエネルギー不足と直結します。

体内のエネルギー不足が続くと、体から色々な危険信号が発せられます。

厳しい糖質制限中は体からの危険信号に注意
  • めまい
  • 集中力の低下
  • イライラする
  • 疲れやすい
  • 甘いものが欲しくなる
  • 常に空腹感がある
  • 体臭や口臭がキツくなる
  • 体のだるさ・眠気が強くなる
  • 筋肉量が大きく減少

正しい糖質制限ダイエットをしていれば、健康状態は維持されているはずです。

体から危険信号が発せられている場合は、正しい糖質制限ダイエットがいつの間にか極端な糖質制限ダイエットになってしまっている可能性が高いです。

糖質不足はエネルギー不足

体からの危険信号を放置すると、徐々に不健康になっていくでしょう。

不健康になると、ダイエットの成功どころか、毎日を楽しく送ることすらできなくなってしまいます。

糖質制限ダイエットを成功させるためには、極端な糖質制限ダイエットにならないように、体の不調に注意しながらダイエットに取り組んでいく必要があります。

  • 糖質は、体内エネルギーの原料
  • 体内のエネルギー不足が続くと、体から色々な危険信号が発せられる
  • 極端な糖質制限ダイエットにならないように、体の不調に注意しながらダイエットに取り組んでいく必要がある

こんな糖質制限ダイエットをしよう

糖質の量を少しずつ減らす

少しずつ糖質制限をしていくことで、健康状態を維持しながらダイエットができます。

例えば、白米の量を少し減らして様子を見るのが良い方法です。

体の不調がなければ、半分まで白米の量を減らしてみましょう。

それだけでも十分に効果が期待できます。

注意点としては、白米を抜いてしまうのはやめましょう。

糖質を抜いてしまうことは、極端な糖質制限ダイエットになるので、徐々に不健康になってしまうでしょう。

不健康なまま体重が下がったとしても、リバウンドしやすい体ができあがります。

糖質を最後に食べる

糖質の量を減らす以外にも、有効なダイエット方法はあります。

体脂肪になりやすい糖質を一番最後に食べるのも有効な方法です。

糖質の吸収がゆるやかになり、結果的に体脂肪が付きにくくなります。

ダイエット効果のある食べる順番
  1. 食物繊維(野菜)
  2. 脂質(揚げ物)
  3. タンパク質(肉・魚)
  4. 糖質(米・パン)

また、糖質制限ダイエットでは、便秘に悩むことが多くなります。

食物繊維は、特にを意識して食べるようにしましょう。

GI値の低いものに置き換える

血糖値の急騰が、インスリンを大量分泌させて体脂肪を作り出す原因です。

GI値の低いものを食べることで、血糖値の上昇をゆるやかにすることができます。

結果的に、体脂肪が作られることを防ぎます。

同じ種類の食材の中でも、GI値の低い食材に置き換えることが有効な方法です。

無理のない範囲で、積極的に置き換えていきましょう。

同じ種類の食材を置き換える(カッコ内はGI値です)
  • 白米(84)→玄米(56)
  • 食パン(91)→ライ麦パン(58)
  • うどん(80)→そば(59)

糖質制限だけがダイエットではない

人によってダイエットの効果は異なります。

人によって、性別や体格、生活環境などは異なります。

糖質制限ダイエットが、自分に合っていない可能性も十分あります。

「他の人は結果を出しているのに」と考えてしまうと、どんどんエスカレートして極端なダイエットになってしまいます。

ダイエット方法は無数にあります。

頑張っても効果が出ない場合は、自分に合っている他のダイエット方法を探してみるのが一番の近道かもしれません。

まとめ

  • 糖質制限をやりすぎると、徐々に不健康になってしまう。
  • 糖質は、体内エネルギーの原料。体内エネルギーの不足が続くと、体から色々な危険信号が発せられる。
  • 糖質制限ダイエットを成功させるためには、極端な糖質制限ダイエットにならないように、体の不調に注意しながらダイエットに取り組んでいく必要がある
  • 糖質制限では、「糖質の量を少しずつ減らす」「糖質を最後に食べる」「GI値の低いものに置き換える」などの方法が有効
  • 糖質制限が自分に合わなければ、自分に合っている他のダイエット方法を探してみるのが一番の近道かもしれない

コメント

タイトルとURLをコピーしました