基礎代謝と消費カロリーはどう違うのか?【ダイエット】

スポンサーリンク

基礎代謝と消費カロリーはどう違うのか?

消費カロリー

基礎代謝とは

基礎代謝とは、24時間安静にしていた時に消費されるカロリーです。
自分の基礎代謝は、「性別」「年齢」「身長」「体重」などから算出することが出来ます。

もちろん、あくまでも目安の数値となります。
栄養状態が悪かったり筋肉量が下がってしまうと、基礎代謝も低下することになります。
なるべく多くの栄養を食事から摂り、筋肉量が減らないように運動をしましょう。

1日の消費カロリーとは

その名の通り、1日に消費されるカロリーの合計値です。
「基礎代謝」と「生活活動強度」から算出することができます。

1日の消費カロリー = 基礎代謝 X 生活活動強度

また、さらに運動をすることで、1日の消費カロリーを上げることができます。

1日の消費カロリー = (基礎代謝 X 生活活動強度 ) + 運動

痩せるためには

痩せるためには、摂取カロリーよりも1日の消費カロリーを低くする必要があります。
そのためには、4つの方法があります。

摂取カロリーを減らす

摂取カロリーを減らしましょう。
なるべく間食を減らし、カロリーの少ない飲み物を摂りましょう。

食事を減らす場合は、必要な栄養素が摂れるような工夫は必要です。
低脂質、低糖質、高タンパク質な食事を心がけましょう。
不足しているビタミンやミネラルは、サプリから補充するのも有効な手段です。

基礎代謝を増やす

筋肉量を増やすことで、若干ですが基礎代謝を上げることができます。
また、筋肉量が上がると1つ1つの生活動作での消費カロリーも上がります。

体の引き締め効果もあるので、数回でも良いので筋トレする事をオススメします。

生活活動強度を上げる

ちょっとした工夫で、生活強度を上げることができます。
立つ時間を増やしたり、歩く速度を上げたりすることで、生活活動強度が上がります。

特に、座る時間が多いと自律神経が乱れる原因にもなります。
30分に1度くらいは、立ち上がって歩くことをオススメします。

運動をする

運動量を増やすことも有効な手段です。
運動は、健康にもつながるのでオススメです。

遠回りして歩く歩数を増やしたり、テレビを観ながらスクワットを10回する、など手軽にできる運動から始めましょう。

運動の中でも、筋トレをすることをオススメします。
筋トレをすることで、基礎代謝のアップも期待できます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました