ダイエット中にお腹が空いて我慢できない対策【食欲を抑える】

スポンサーリンク

ダイエット中にお腹が空いて我慢できない対策

おやつ

お腹が空く

ダイエット中はお腹が空きます。
「空腹は慣れる」と言われますが、慣れるまでが大変です。

色々な理由や状況があるため、空腹で何か食べたくなるときもあると思います。
今回は、お腹が空く対策について考えたいと思います。

お腹が空く対策

食べる

お腹が空いたら我慢せずに食べてしまう、と言うのも1つの解決手段です。
特に、お腹が空いて眠れない時は、睡眠を優先するべきです。

睡眠不足になると、自律神経が乱れる原因になるため、ダイエットに悪影響が出てきます。
もちろん、たくさんは食べずに消化の良いものを少しだけ食べましょう。

水を飲む

水を飲むことで、空腹が紛れることがあります。
水がオススメですが、カロリーゼロであれば何でもOKです。
カロリーゼロのものを飲んでも、脂肪が増えることはありません。

ただし、睡眠前はコーヒーや緑茶などのカフェインが入っているものは控えましょう。
寝付きが悪くなる原因になります。

低GIの食事に変える

食後にすぐお腹が空くなら、食事の内容に問題があるかもしれません。
特に、GI値の高い食事を摂ると、「血糖値スパイク」と言う血糖値が急騰してすぐに急落すると言う現象が起こります。

血糖値が急落すると、脳が空腹だと勘違いしてしまいます。
「血糖値スパイク」を回避するためには、GI値の低い食事を摂る必要があります。

GI値の低い食事を摂ることで、血糖値の上昇や下降が緩やかになります。
血糖値の下降がゆるやかになることで、腹持ちが良くなり長時間お腹が空かなくなります。

ゆっくりと食事を摂る

低GIの食事を摂っていても、数分で食事を終えるなどの早食いは良くありません。
早食いをすることで、低GIの食事でも血糖値スパイクが起こりやすくなります。

ゆっくりと食事を摂ることで、血糖値スパイクが起こりづらくなります。
また、DITを高めることができるので、ダイエットにも効果があります。

まとめ

  • 「空腹は慣れる」が慣れるまでが大変
  • お腹が空く対策としては「食べる」「水を飲む」「低GIの食事に変える」「ゆっくりと食事を摂る」が有効

コメント

タイトルとURLをコピーしました