筋肉を成長させる!「成長ホルモン」を大量に分泌させる2つの方法

スポンサーリンク

筋肉を成長させる!「成長ホルモン」を大量に分泌させる2つの方法

筋肉を大きくする成長ホルモン

成長ホルモンは筋肉を成長させる

「成長ホルモン」という言葉を聞いたことはありませんか?

子供の身長を大きく伸ばす効果があるため、子供の頃は「外でよく遊びなさい!」や「よく寝なさい!」と言われたのではないでしょうか?

成長ホルモンで身長が伸びる

成長ホルモンは、大人になってからもとても重要です。
成長ホルモンを分泌させることで、タンパク質合成を促進させる効果があるのです。

タンパク質は、すべての細胞の材料になるものです。
タンパク質合成が促進されることで、多くのメリットを得ることができます。

タンパク質合成が促進されるメリット
  • 肌がキレイになる
  • 髪や爪が艷やかになる
  • 酵素、免疫物質が作られる
  • 筋肉が成長する

人体は、水分を除けば50%はタンパク質で作られています。
タンパク質合成が促進されることで、肌や髪、筋肉が生まれ変わります。

特に、筋トレをして筋肉を大きくしたい人には「成長ホルモン」は効果的です。
しかし、成長ホルモンは勝手に分泌されるものではありません。

普段の生活の中で、意識的に多くの「成長ホルモン」を分泌させることで、効率よく筋肉を成長させていくことができます。

モモイ
モモイ

タンパク質合成の促進は、筋肉の成長と美容の両方に効果的だよ

成長ホルモンを簡単に分泌させる2つの方法

意識的に、成長ホルモンを分泌させるための方法はいくつかあります。
その中でも、とても簡単に実行できるものをご紹介します。

成長ホルモンを分泌させる方法
  • 強度の高い運動をする
  • 睡眠をとる

強度の高い運動をする

強度の高い運動をすることで、多くの成長ホルモンを分泌させることができます。
血中の成長ホルモンは、約200倍にもなると言われています。

強度の高い運動

強度の高い運動といえば、「筋トレ」ではないでしょうか?
同じ筋トレでも、自重トレーニングよりも「ウエイトトレーニング」の方が強度が高いので効果的です。

なるべく高重量のウエイトトレーニングをすることで、多くの成長ホルモンを分泌させることができ、結果的に筋肉は大きく成長することになります。

睡眠をとる

睡眠中にも、多くの成長ホルモンが分泌されます。
強度の高い運動をしたときと同様に、血中の成長ホルモンは約200倍になります。

睡眠中の成長ホルモンは、約2時間から3時間の間隔で分泌されます。
つまり、多くの睡眠をとるほどに多くの成長ホルモンが分泌されるのです。

多くの睡眠

反対に、睡眠時間が短ければ、成長ホルモンの分泌量は減ってしまうことになります。
できるだけ生活の無駄を省き、なるべく多くの睡眠時間を確保しましょう。

材料となるタンパク質を補給しておこう

多くの成長ホルモンが分泌されると、それだけタンパク質合成が促進されます。
しかし、材料となるタンパク質が不足していれば意味がありません。

なるべく食事から多くのタンパク質をとるようにしましょう。

タンパク質を多く含み食べ物
  • 肉類
  • 魚類
  • 大豆製品
  • 鶏卵
  • 乳製品

食事から、うまくタンパク質がとれなかった日もあると思います。
そんな日は、プロテインを飲むことで手軽にタンパク質を補給することができます。
プロテイン1杯で、約20gのタンパク質をとることができます。

「マイプロテイン」なら、国内よりも安くプロテインを購入できます。
セールも多いので、値段だけでもチェックしてみてください。

プロテイン、筋肉サプリ、スポーツウェアの海外通販【Myprotein】

まとめ

  • 成長ホルモンを分泌させることで、タンパク質合成を促進させる効果がある
  • タンパク質合成が促進は、筋肉の成長と美容の両方に効果的
  • 意識的に、成長ホルモンを分泌させるためは「強度の高い運動をする」「睡眠をとる」ことが有効
  • タンパク質合成が促進されても、タンパク質が不足していれば意味がない
  • タンパク質が不足しないように、なるべく食事から多くのタンパク質をとる

コメント

タイトルとURLをコピーしました