体を動かすには糖質が必要!筋トレをするなら糖質はしっかり摂ろう

スポンサーリンク

体を動かすには糖質が必要!筋トレをするなら糖質はしっかり摂ろう

糖質制限

運動をするなら糖質制限のやりすぎには注意しよう

糖質は最も脂肪になりやすい栄養素です。
そのため、糖質を制限するダイエット法が有効とされています。

糖質を多く含む食べ物
  • 白米
  • パスタ
  • パン類
  • めん類
  • 芋類
  • 果物
  • 砂糖
  • はちみつ
  • 菓子類

筋トレをしている人でも、なるべく体脂肪をつけないために積極的に糖質を制限している人も居るのではないでしょうか?
しかし、糖質制限をやりすぎると体に悪影響が起こってしまいます

糖質不足はエネルギー不足

糖質は、体にとって重要なエネルギー源です。
糖質が不足すると、集中力が低下したり疲れやすい体になってしまいます。

糖質制限のやりすぎで起こる悪影響
  • めまい
  • 集中力の低下
  • イライラする
  • 疲れやすい
  • 常に空腹感がある
  • 体臭や口臭がキツくなる
  • 体のだるさ・眠気が強くなる
  • 筋肉量が大きく減少

食事から糖質を減らしていく場合は、自分の体調を見ながら、少しずつ行っていくのが基本です。
極端な糖質制限や、糖質の完全カットは決して行わないようにしましょう

糖質不足で運動や筋トレをすると筋肉が分解されてしまう

糖質制限と同時に、運動や筋トレをしているなら、特に注意が必要です。

人間が体を動かすためには、血中のグルコースと筋肉中のグリコーゲンを使います。
グルコースもグリコーゲンも、食事に含まれている糖質を元に作られたものです。

つまり、糖質が不足すれば、運動や筋トレをするためのエネルギーが足りなくなるのです。
エネルギーが足りなくなれば、体調が悪くなって当然ですよね?

エネルギー不足

さらに悪いことに、運動や筋トレをするためのエネルギーが足りなくなれば、筋肉が分解されてエネルギーに変えられてしまうことになります。

運動をすれば、筋肉が減ってダイエットの味方である基礎代謝が低下することなります。
筋トレを頑張るほど、筋肉がつくどころか、反対に筋肉が減っていくことになるでしょう。

そんな状況を回避するためにも、糖質はある程度とっておく必要があります。

筋トレをするなら適度に糖質を摂っていこう

運動や筋トレをするのであれば、せめて通常の半分ぐらいの糖質は摂っておきましょう。
例えば、いつもはお茶碗1杯分の白米食べているなら、お茶碗の半分は白米を食べましょう。

間違っても、糖質の完全カットなどはしないようにするべきです。
糖質の完全カットをしてしまうと、運動や筋トレをするほど筋肉の分解が進み、とてもバランスが悪い不健康な体になってしまいます

筋トレ

また、糖質量だけで無く、GI値の低いものを優先して食べるのも良い方法です。
GI値の低いものを食べることで、血糖値の上昇がゆるやかになります。
血糖値の上昇がゆるやかになれば、結果的に体脂肪がつくのを防いでくれます

まとめ

  • 糖質は最も脂肪になりやすい栄養素
  • しかし、糖質制限をやりすぎると体に悪影響が起こる
  • 糖質が不足すれば、運動や筋トレをするためのエネルギーが足りなくなる。エネルギーが足りなくなれば、筋肉が分解されてエネルギーに変えられる
  • 筋肉が分解されれば、ダイエットや筋トレの効果が下がる
  • 運動や筋トレをするのであれば、せめて通常の半分ぐらいの糖質は摂っておくべき
  • 糖質量だけで無く、GI値の低いものを優先して食べるのも良い方法

コメント

タイトルとURLをコピーしました