筋肉は最高のファッション!筋トレをして服が似合う体になろう

筋トレをして服が似合う体になろう

オシャレな服は、幸福な気持ちと自信を与えてくれます。

流行の服や自分らしい服、自分の年齢に合った服など、選択肢は無限大です。

どれを買うかと選んでいるだけで、とても楽しい気持ちになってくるのではないでしょうか?

しかし、意外と見落とされがちなのが「自分の体」です。

どんな服を着るとしても、土台となるのは自分自身の体になります。

自分の体の見栄えを良くすることで、似合っている服がさらに似合うようになります。

ファッションの土台となる自分の体を「筋トレ」で鍛えていきませんか?

スポンサーリンク

筋肉をつけると服が格段に似合うようになる

体の見栄えを変えるには、筋トレで筋肉をつけるのが最も効果的です。

とはいえ、ボディビルダーのような大きな筋肉をつける必要はありません。

少し筋肉をつけるだけでもガラッと見た目の印象が変わります。

例えば、モデルやスタイルの良い芸能人の体を見てください。

ほどよく筋肉がついた引き締まった体をしていませんか?

そんな引き締まった体が「どんな服を着ても似合う体」になります。

実際にモデルやスタイルが良い芸能人は、どんな服を着ても似合っていますよね?

着こなしが難しい服はもちろん、普通のTシャツにジーパンでもカッコよく見えてしまいます。

筋肉をつけて引き締まった体になれば、色々な服が格段に似合うようになっていくのです。

どの筋肉を鍛えれば良いの?

では、具体的にどの筋肉を鍛えれば良いのでしょうか?

私がオススメする「スタイルを良くするために鍛えるべき筋肉」をご紹介します。

スタイルを良くするために鍛えるべき筋肉
  • 三角筋(肩の筋肉)
  • 大胸筋(胸の筋肉)
  • 広背筋(背中の筋肉)
  • 腹斜筋(ろっこつの下側から骨盤にかけての筋肉)

三角筋(肩の筋肉)

一番のオススメは「三角筋」という肩の筋肉です。

三角筋を鍛えることで、肩幅を広くすることができます。

肩幅が広くなれば、相対的に「小顔」に見せることが可能です。

小顔はスタイルをよく見せるためには抜群の効果があります。

まずは、三角筋を鍛えて肩幅を広くしていきましょう。

三角筋を鍛えるには「サイドレイズ」がオススメです。

サイドレイズは、肩の力でダンベルを持ち上げていく筋トレになります。

慣れないうちは、1kg〜2kgの軽めのダンベルでやっていきましょう。

ダンベルが無ければ、500mlのペットボトルに水を入れて代用できます。

それでも重い人なら、最初は何も持たずにやってもOKです。

サイドレイズの注意点
  • ひじを延ばしすぎない(腕を軽く曲げる)
  • 腕の力ではなく肩の力を意識して上げる
  • 気持ち小指の方から上げていく
ペットボトルで肩を鍛える(サイドレイズ・三角筋)/パンプアップトレーニング

大胸筋(胸の筋肉)

「大胸筋」は胸にある大きな筋肉です。

逆三角形の体をつくるためには、とても重要な筋肉の1つです。

大胸筋を鍛えることで、胸の幅はもちろん体に厚みをつけることができます。

厚みの無い体では、横から見たときの見栄えがよくありません。

どちらかと言えば、弱々しくて不健康な印象をあたえてしまいます。

大胸筋を鍛えて、厚みのある立体的で健康的な体をつくっていきましょう。

大胸筋を鍛える筋トレといえば「腕立て伏せ」です。

正しいフォームで行うことで、腹直筋も同時に鍛えられます。

腕立て伏せに慣れていない人であれば、まずは膝をついての腕立て伏せを試してみましょう。

【自宅筋トレ】なかやまきんに君の正しい腕立て伏せを学ぼう。

広背筋(背中の筋肉)

「広背筋」は背中の大部分を占める大きな筋肉で、後ろ姿の印象を決める重要な筋肉です。

大胸筋と同様、広背筋を鍛えることで体に厚みをつけることができます。

また、背筋が良くなるので立ち姿が美しくなる効果もあります。

猫背になってしまう原因は、広背筋の筋力不足であることも多いです。

背筋が悪ければ、体の見栄えを大きく損ねてしまいます。

広背筋を鍛えて背筋を良くして、美しい立ち姿を手に入れましょう。

広背筋を鍛えるなら「タオルラットプルダウン」がオススメです。

タオルが1枚あれば、効率的に広背筋を鍛えることができます。

タオルラットプルダウンの注意点
  • 小さめのタオルを使う(大きなバスタオルだとやりにくい)
  • タオルは左右で引っ張り合う
  • 肩甲骨を意識しながらタオルを下ろす
タオル一枚で背中の肉を引き締めるエクササイズ【背中痩せ動画2】

腹斜筋(ろっこつの下側から骨盤にかけての筋肉)

「腹斜筋」は、肋骨(ろっこつ)の下側から骨盤にかけての筋肉です。

お腹の正面にある「腹直筋」を左右から包み込むようについている筋肉になります。

腹斜筋を鍛えることで、お腹周りの見栄えが良くなる効果が期待できます。

具体的には、シュッと引き締まった「くびれ」をつくることが可能です。

また、内臓の位置が安定して基礎代謝もアップします。

腹斜筋を鍛えるなら、「ダンベルサイドベンド」がオススメです。

体を横に傾けて、腹斜筋の力だけで体を起こしていく筋トレになります。

下半身は動かさないように注意して行いましょう。

筋トレ-サイドベント(1)/腹筋横の鍛え方

今すぐ筋トレを始めて服が似合う体を手に入れよう

どんな服を着るとしても、土台となるのは自分自身の体です。

筋肉を鍛えることで、自分の体の見栄えを良くすることができます。

体の見栄えが良くなれば、似合っている服がさらに似合うようになるでしょう。

筋肉は、最高のファッションといっても過言ではありません。

オシャレな服をさらに着こなしていくためにも、自分の体の筋肉を「筋トレ」で鍛えていくことが大切です。

注意点:脂肪を落とすなら有酸素運動と食事制限をしよう

残念ながら、筋トレだけでは効率的に脂肪を落とすことはできません。

筋トレは、筋肉を大きくするための運動になります。

体の脂肪を落としたい場合は、有酸素運動と食事制限を筋トレと一緒にに行っていくべきです。

それぞれの得意分野を活かして、スタイルの良い引き締まった体をつくりましょう。

それぞれの得意分野を活かす
  • 筋トレ → 筋肉を大きくする
  • 有酸素運動 → 脂肪を落とす
  • 食事制限 → 脂肪を落とす

まとめ

  • どんな服を着るとしても、土台となるのは自分自身の体になる
  • 体の見栄えを変えるには、筋トレで筋肉をつけるのが最も効果的
  • 筋肉をつけて引き締まった体になれば、色々な服が格段に似合うようになっていく
  • スタイルを良くするために鍛えるべき筋肉は、「三角筋」「大胸筋」「広背筋」「腹斜筋」などがある
  • 筋肉は、最高のファッションといっても過言ではない

コメント

タイトルとURLをコピーしました