ダイエットは習慣化できれば成功する【我慢では続かない】

スポンサーリンク

ダイエットは習慣化できれば成功する

ケーキ

ダイエットが失敗する原因

結論から言えば、ダイエットが失敗する原因は、「習慣化できなかった」ためです。
習慣化できなければ、どんなに良いダイエットでも効果はありません。
反対に、効果が低いダイエットでも、習慣化さえできてしまえば、続けていくことができます。
続けてさえいれば、どんなに効果が低いダイエットでも、必ず効果が出てきます。

習慣化できるかどうかが、ダイエットを成功させるための鍵です。

習慣化できなかった原因

ダイエットの習慣化に失敗した人は、「意思が弱い人」なのでしょうか?
そんな事はありません。
習慣化できなかった原因は、「自分の生活に合わなかった」というだけです。

例えば、時間がない人が、「毎日1時間のウォーキングをする」というのは無理な話です。
ケーキを食べるのが生きがいの人が、「ケーキは禁止」と決めたとしても続くはずがありません。

自分に合ったダイエットをしなければ、続くはずがありません。

習慣化するための方法

自分の食生活を振り返る

まずは、日々の食生活と運動量をリスト化しましょう。
思い出すのが難しければ、今から1週間分の食生活と運動量を記録してリスト化します。

出来上がったリストが、今の自分の「習慣」です。
ダイエットをするためには、この「習慣」を改善していく必要があります。

簡単に出来そうなことから取り組む

習慣を改善、というと大変そうな気がしますが、簡単なことから取り組めばOKです。
例えば、次のようなことです。

  • 揚げ物は週に1回にする
  • 白米を玄米に変えてみる
  • お菓子の量を減らす
  • シャワーを減らし湯船に浸かる
  • 目的地までの道を、少しだけ遠回りする

なるべく、面倒じゃなくて続けることが出来そうなことが良いです。
難しいことや、ストレスが溜まることだと習慣化することは出来ません。

ちなみに、私は「お湯を沸かしている時にスクワットをする」をやっています。
すでに目標の体重にはなりましたが、今でも続けています。

色々と試す

思いついた事は、色々と試してみましょう。
自分では、習慣化できないと思っていることでも、やってみると習慣化することもあります。

私の場合は「休日の散歩」が習慣化しました。
今までは、「散歩なんて何が楽しいんだ」と考えていました。
実際にやってみると、知らなかったお店を発見できたり、程よい運動で心地よかったりと、自分でも意外でしたが、「楽しい」と感じました。
楽しい事は、習慣化しやすいです。

長期的に考える

短期間でダイエットをしようとすると、どうしても苦痛の伴うダイエットになります。
習慣化を目指すのであれば、1年以上の長いスパンでのダイエットを考えましょう。
一生続けられるダイエットが理想です。

ダイエットが成功した後も、ダイエットをやめてしまうとリバウンドします。
習慣化できていれば、長期間続けていくことが出来ます。

まとめ

  • ダイエットが失敗する原因は、習慣化できなかったため
  • 習慣化できなかった原因は、意思が弱かった訳では無く、自分の生活に合わなかったから
  • 習慣化するためには、簡単にできそうなことから取り組む
  • 何が自分に向いているか分からないので、まずは色々と試してみる
  • 習慣化できれば、ダイエットは苦痛なく長期的に続けていくことが出来る

コメント

タイトルとURLをコピーしました