今だけ頑張るつもり?筋トレは一生続けていくことに意味がある

スポンサーリンク

今だけ頑張るつもり?筋トレは一生続けていくことに意味がある

筋トレは一生続けていくことに意味がある

筋トレで得られる効果は理想的な体型だけでは無い

私たちは、筋トレをすることで、自分を理想的な体型に作り変えることができます。

体の好きな所に筋肉を付け、無くしたい体脂肪は削ぎ落としていきます。

そうやって、少しずつ自分が理想とする体型に近づいていくことができるのです。

理想の体型に近づく

しかし、筋トレで得られるものは、理想的な体型だけではありません。

筋トレを続けていく過程でも、色々なものを得ることができます。

たった数ヶ月だけでも筋トレを続けた人なら、自分の体や生活の変化に気付けるでしょう。

集中力が高まり、体調が良くなり、疲れにくい体に変化しているはずです。

筋トレを続ける過程で得られる効果
  • 筋力の向上
  • 骨を丈夫に保つ
  • 理想的な食生活
  • 疲れにくい体
  • 血行が良くなる
  • 睡眠の質が良くなる
  • 基礎代謝が高まる
  • 消費カロリーが増える
  • 柔軟性の向上
  • 自尊心の向上
  • ストレスの解消
  • 美容・アンチエイジング

筋トレは、自分が理想とする体型になるための手段です。

しかし、それだけでは無く、筋トレを続ける過程で得られるものは多くあります。

それは、より良い人生を送るために必要不可欠なものばかりなのです。

筋トレをやめてしまったら得られる効果は無くなる

当たり前ですが、筋トレをやめてしまったら得られる効果は無くなります。

体型はもちろん、健康状態や体調も筋トレを始める前の状態に戻っていきます。

今までの筋トレで得られたものが、すべて無かったことになってしまうのです。

こんなに悲しいことはありません。

では、どうすれば良いのでしょうか?

答えは簡単で、筋トレをやめなければ良いだけです。

筋トレは、一生続けていくのに十分に値するものです。

自分の理想とする体型になった後も、ずっとそのまま筋トレを続けていきましょう。

そうすることで、筋トレで得られる効果をずっと得ることができます。

休息

とはいえ、筋トレを続けるためには時間や努力が必要です。

「筋トレを一生続けていくなんて無理だ!」という人もいるかもしれません。

そんな人にオススメなのは、筋トレのハードルをぐんと下げてやることです。

毎回、長い時間をかけて全力で頑張り続けるだけが筋トレではありません。

筋トレのハードルを下げることで、無理なく続けられる筋トレにすることができます。

無理なく続けられる筋トレをしよう

無理なく続けられる筋トレは、自分自身で作り出すしかありません。

人によって、生活スタイルや性格などが違うからです。

とはいえ、何かヒントが欲しい人もいるかもしれません。

そこで、無理なく続けられる筋トレを続けるためのヒントをいくつかご紹介します。

筋トレの簡易メニューを作る

毎日、筋トレの時間が十分にとれるとは限りません。

そんな時のために、筋トレの簡易メニューを作っておくと便利です。

筋トレの簡易メニューは、短時間で終わるものにしておきましょう。

例えば、いつもの筋トレが40分かかるのなら、筋トレの簡易メニューは20分程度で終わるものを作っておくのが理想的です。

種目や回数を半分に減らせば、十分に短時間で終わる簡易メニューをつくることできます。

ジムに行く時間がかかるなら、自宅で出来るメニューを考えればOKです。

時間があるときは通常メニュー、時間が無いときは簡易メニューと使い分けましょう。

1回の筋トレ時間を短くする

1回の筋トレの時間が長いほど、筋トレがとても面倒に感じてしまいます。

なるべく、短時間で終わらせた方が「筋トレをやろう!」という気持ちになりますよね?

筋トレ時間を短くするために、種目やセット数、回数を減らしてみましょう。

1回で全身を鍛えている人は、分割法で鍛える筋肉を分けるのも効果的です。

例えば、上半身の日と下半身の日に分ければ、いつもの半分の時間に減らすことができます。

休息日を増やす

ほとんど毎日のように筋トレをしている人も多いのではないでしょうか?

本来、筋トレは楽しいものです。

毎日、楽しく筋トレができているなら何も問題ありません。

しかし、「やらなければ!」という義務感でやっているなら見直しが必要です。

筋トレを義務感でやっていると、いずれは疲れ果ててやめてしまうことになります。

休息日を増やして、筋トレの頻度を下げてみましょう

そうすることで、気持ちに余裕が生まれるはずです。

「早く筋トレがやりたい!」という気持ちになったらこっちのものです。

睡眠時間を削ってまではやらない

筋トレに熱中するあまり、睡眠時間を削っているなら問題です。

睡眠時間は、人生で何よりも大切なものです。

筋トレの効果が下がるのはもちろん、集中力の低下や自律神経の乱れ、モチベーションの低下など色々なデメリットを受けることになります。

筋トレを頑張るほど、健康状態が悪くなり、日々の生活が楽しくなくなるでしょう。

そんな状態では、とても筋トレを続けていくことは出来なってしまいます。

睡眠時間

睡眠時間を削るぐらいなら、その日は筋トレを休んだ方が良いでしょう。

一定の期間だけ忙しいのであれば、その期間だけ筋トレを休むのも1つの方法です。

その期間が過ぎれば、筋トレを再開すれば良いのです。

慢性的に時間が無いのであれば、生活の無駄な時間を省いていく必要があります。

スマホやテレビ、動画を観ている時間を減らして筋トレに励みましょう。

重量や回数にこだわらない

重量やセット数、回数にこだわりすぎるのは良くありません。

人間なので、調子が良い日もあれば、悪い日もあります。

調子が悪い日に、いつもの重量やセット数ができないことも多々あります。

筋トレ

無理にやろうとすれば、怪我をしたり、疲労が残ったりと何も良いことがありません。

その日の調子に合わせて、筋トレのメニューを柔軟に変えていきましょう

また、風邪気味や体調が悪い日なら、思い切って筋トレを休むのも良い方法です。

まとめ

  • 筋トレをすることで、自分を理想的な体型に作り変えることができる
  • 筋トレを続けていく過程でも、色々なものを得ることができる
  • 筋トレをやめなければ、筋トレで得られる効果をずっと得ることができる
  • 筋トレを無理なく続けるためには「筋トレの簡易メニューを作る」「1回の筋トレ時間を短くする」「休息日を増やす」「睡眠時間を削ってまではやらない」「重量や回数にこだわらない」などが有効

コメント

タイトルとURLをコピーしました