ワイドスクワットで太ももの内側を鍛えよう【自重トレーニング】【自宅で出来る】

スクワットは、筋肉にもダイエットにも効果の高いトレーニングです。

通常のスクワットをしているだけで、太ももが引き締められて、筋肉も成長します。

通常のスクワットのメインターゲットは、大腿四頭筋(太もも表側の筋肉)です。

そのため、太ももの内側が効率良く鍛えられません。

太ももの内側を効率良く鍛えるためには、ワイドスクワットがオススメです。

通常の自重スクワットと同様、自宅で簡単にトレーニングすることが出来ます。

スポンサーリンク

ワイドスクワットで太ももの内側を鍛えよう

スクワット

太ももの内側(内転筋群)を鍛えるメリット

  • 太ももを引き締める
  • 骨盤を安定させる
  • O脚の解消に効果的

太ももの内側は、「内転筋群」と呼ばれています。

内転筋群は、「大内転筋」「長内転筋」「短内転筋」「薄筋」「恥骨筋」の5つの筋肉から構成されています。

ワイドスクワットでは、5つの筋肉を一度に鍛えることが出来ます。

もちろん、太もも全体の筋肉を鍛える効果もあります。

太ももの内側(内転筋群)を鍛えることで、太ももを引き締める効果があります。

通常のスクワットと合わせて行うことで、さらに効果のアップが期待できます。

骨盤を安定させることにも役立ち、腰痛の改善にもつながります。

また、O脚の改善も期待できるため、美しい立ち姿を目指せます。

ワイドスクワットのやり方

ワイドスクワットのトレーニングは、通常のスクワットと似ています。

  • 肩幅より広く足を開く
  • 足先を、45度ぐらい外側へ向ける
  • 太ももの内側を意識しつつ、ゆっくりとスクワットをする

ポイント

  • 足先を外側へ向ける
  • 下ろす時に、ヒザが内側に入らないように注意

無理に足を広げると、太ももの内側や腰を痛めてしまうので注意しましょう。

自分にとって「痛気持ちいい」ぐらいの幅でも十分に効果があります。

とても参考になる動画をご紹介します。

正しいワイドスクワットのフォーム解説

まとめ

  • 通常のスクワットで太ももの内側(内転筋群)を鍛えるのは効率が悪い
  • ワイドスクワットで、内転筋群を効率良く鍛えることができる
  • 内転筋群を鍛えることで、太ももの引き締め、骨盤の安定、O脚の解消などの効果が期待できる
  • ワイドスクワットで、足を無理に広げすぎないように注意する。自分にとって「痛気持ちいい」ぐらいの足幅にしておく

コメント

タイトルとURLをコピーしました