筋トレやダイエットに最適な睡眠時間は?【成長ホルモン】

スポンサーリンク

筋トレやダイエットに最適な睡眠時間は?

睡眠

最適な睡眠時間

結論から言えば、医学的にベストな睡眠時間は7時間とされています。
睡眠時間と寿命の関係を調べた研究では、国や性別を問わず睡眠時間7時間の人の死亡率がもっとも低くなったというデータが得られています。
これは、7時間よりも短くても長くても、寿命が短くなるという事になります。
睡眠時間が長くなった場合も、日中の活動時間が減少することから、冠動脈疾患や脳卒中での死亡率が30%程高くなります。

筋肉を肥大化させたい場合は、睡眠中に「成長ホルモン」を分泌させる必要があります。
体内の栄養素と成長ホルモンによって、タンパク質合成が促進されます。
タンパク質合成にも7時間の睡眠時間が最適です。

ダイエットに関しては、睡眠時間と肥満率の関係についての調査が行われています。
調査の結果、睡眠時間が7時間のグループの肥満率が一番低い結果になっています。

睡眠不足によるデメリット

筋トレやダイエットの効果を高めるためには、適切な睡眠時間が必要です。
睡眠不足になると、筋力、ダイエット、健康、美容のすべてに悪影響が出てしまいます。
睡眠時間を十分に確保できない場合は、自分の生活を見直してみましょう。

  • タンパク質合成が抑制される
  • 代謝が悪くなる
  • 自律神経が乱れる
  • 食欲ホルモン「グレリン」の分泌量が増える
  • 認知症の発病リスクが高まる
  • 肥満率が高まる
  • 肌ツヤが悪くなる(成長ホルモンの減少)

良質な睡眠をとるために

睡眠時間が長くても、質の悪い睡眠だと意味がありません。
すぐに眠りにつけたり、夜中に目を覚まさないような、良質な睡眠をとる必要があります。
良質な睡眠をとるための工夫をしていきましょう。

寝る前にリラックスする

  • お風呂に入る
  • 深呼吸する
  • 部屋を暗くする
  • 軽いストレッチをする
  • スマホを見ない

メラトニンを分泌させる

  • セロトニンを分泌させる(必須アミノ酸の「トリプトファン」を摂る)
  • 夜に部屋を暗くする
  • ブルーライトを浴びないようにする
  • 日光を浴びる

まとめ

  • 筋トレやダイエットに最適な睡眠時間は7時間
  • 睡眠不足になると、筋力ダイエット、健康、美容のすべてに悪影響が出る
  • 良質な睡眠をとるために、寝る前にリラックスしたりメラトニンを分泌させる工夫をする

コメント

タイトルとURLをコピーしました