どうなりたいの?筋トレは目的によってトレーニング方法が変わります

スポンサーリンク

どうなりたいの?筋トレは目的によってトレーニング方法が変わります

どうなりたいの?

筋トレをしてどうなりたいの?

「筋トレをして筋肉をつけたい」という人は多いです。

筋肉をつけたい理由は人によって違います。
ボディビルダーになるためだったり、ダイエットのためだったりと色々です。
当たり前ですが、自分の目的に合ったトレーニングをしなければ、なかなか目的を達成することはできません

最短で、自分の目的を達成することができるように、自分の目的に合ったトレーニング方法で筋トレを行っていきましょう。

  • 自分の目的に合ったトレーニングをしなければ、なかなか目的を達成することはできない

筋トレの目的別トレーニング方法

ボディビルダーやフィジーカーになりたい

ボディビルダーやフィジーカーを目指しているなら最短の道を行くべきです。

最短の道とは、「プロに体作りの基本を教えてもらう」ことです。
筋トレ専用のジムや、マンツーマンでプロに教えてもらえるジムに通いましょう。
ボディビルやフィジークの大会で実績を出している人に教えてもらうのが理想です。

筋トレはとても奥が深く、同じトレーニングでも少しのコツで結果が変わります。
また筋肉を大きくするためには、筋トレ以外にも色々な知識が必要です。
人体の構造や筋肉の付き方、食事や栄養、プロテインやサプリなど、プロから体作りの基本をすべて教えてもらいましょう。

もちろん、ある程度のお金はかかってしまいます。
しかし、数年かけないと得られない豊富な知識を惜しげもなくで教えてもらえることには、とても大きなメリットがあります
プロを目指すのであれば、お金をかけてでも最短の道を行きましょう。

  • ボディビルダーやフィジーカーを目指しているなら、プロに体作りの基本を教えてもらうのが良い
  • 数年かけないと得られない豊富な知識を惜しげもなくで教えてもらえることには、とても大きなメリットがある

筋肉を増やしてスポーツで有利になりたい

今やっているスポーツのために筋肉を増やしたい人も多いです。
どんなスポーツでも、ある程度の筋肉があったほうが有利になります。

筋肉は大きく分けると「速筋」「遅筋」の2種類の筋肉があります。
速筋と遅筋は、それぞれ役割や能力が異なります。
自分がやっているスポーツに、速筋と遅筋のどちらが適しているかを考えてトレーニングしていく必要があります。

例えば、格闘技をやっている人は瞬発力が優れている「速筋」を、マラソンをやっている人は持久力が優れている「遅筋」を鍛えることが適しています。

速筋を鍛える場合

高負荷のトレーニングを、早いスピードで行うことが有効です。
例えば、自分がギリギリ扱える重量でのトレーニングを素早く行いましょう。
速筋が刺激され、筋肉が大きくなります。

スピードを意識しすぎて、フォームが崩れないように注意が必要です。

遅筋を鍛える場合

低負荷のトレーニングを、ゆっくりと高回数することが有効です。
例えば、負荷の低い自重トレーニングを、ゆっくりと数十回繰り返しましょう。
遅筋が刺激され、筋肉の毛細血管が増えることで、スタミナが付きます。

  • 筋肉は大きく分けると「速筋」と「遅筋」の2種類の筋肉がある
  • 速筋は瞬発力に、遅筋は持久力に優れている

筋肉を少しずつ大きくして健康になりたい

健康を目的に筋トレをするなら、わざわざジムに通う必要はありません。
自分のペースで長く続けていけるように、自宅で気軽にできる筋トレをしましょう。

自宅での筋トレなら、「腕立て伏せ」などの自重トレーニングがオススメです。
また、自重トレーニングだけでも十分に筋肉は大きくなります。

自重トレーニングで満足できなくなれば、ダンベルを購入するのも良い方法です。
ダンベルがあるだけで、できるトレーニングの幅が大きく広がります

また、筋肉を大きくするためには栄養や休息が大切です。
筋トレや筋肉の知識と一緒に、自然と健康についての知識も得ることができます。

  • 健康を目的に筋トレをするなら、自宅で気軽にできる自重トレーニングがオススメ
  • ダンベルがあれば、できるトレーニングの幅が大きく広がる
  • 筋トレや筋肉の知識と一緒に、自然と健康についての知識も得ることができる

筋トレをして異性にモテたい

「異性にモテたい!」というのも立派な目的の1つです。
異性にモテるためには、異性に人気の筋肉を中心に鍛えていきましょう。

男性の場合は、大胸筋や広背筋、腹筋や上腕二頭筋が特にモテるようです。
露出する機会の多い「前腕」も人気の筋肉です。

女性の場合は、曲線美を意識して鍛えることが大切です。
大胸筋を鍛えてバストアップ、腹筋や内転筋(太もも内側)を鍛えて引き締めるなどの筋トレが効果的です。

自宅での自重トレーニングで十分ですが、急いで結果を出したい場合はジムに通うのも良いでしょう。

  • 「異性にもてたい!」というのも立派な目的の1つ
  • 男性は、大胸筋や広背筋、腹筋や上腕二頭筋を中心に鍛える
  • 女性は、大胸筋や腹筋、内転筋を中心に鍛える

筋肉を大きくして自分に自信をつけたい

自分に自信をつけたいなら、筋トレはとても良い方法です。
実際に、私も筋トレを始めてから自分に自信がつきました。

筋肉を大きくするためには、苦しいトレーニングを繰り返していく必要があります。
その過程と結果によって、自分に自信をつけることができます。

筋トレは、続けてさえいれば必ず結果がついてくるものです。
自分にとって続けやすい環境を準備してあげましょう。
続けやすい環境は人によって違ってきます。

続けやすい環境は人によって違う
  • 気軽にやりたい→自宅で自重トレーニング
  • 意思が弱い→ジムに通う
  • 仲間が欲しい→友達を誘う
  • 励まし合って続けたい→SNSで仲間を探す
  • 体の変化を感じたい→写真で記録、体脂肪計や体組成計を購入

自分にとって、筋トレを無理なく続けられる環境を準備をすることが最も大切です。
続けてさえいれば、必ず筋肉は大きくなって自分の自信につながります。

  • 筋肉を大きくするためには、苦しいトレーニングを繰り返していく必要がある
  • 自分にとって、筋トレを無理なく続けられる環境を準備をすることが最も大切
  • 筋トレを続けてさえいれば、必ず筋肉は大きくなって自分の自信になる

筋トレでダイエットしたい

ダイエット効果を期待して筋トレをしている人も多いです。
確かに、筋トレには一定のダイエット効果があります。

筋トレのダイエット効果
  • 該当部位の血行が良くなり、脂肪細胞が分解されやすくなる
  • 該当部位に脂肪が付きにくくなる
  • 筋繊維が太くなることで、該当部分のたるみが無くなる

しかし、筋トレに大きなダイエット効果を期待するのは間違っています
筋トレのダイエット効果を最大限に高めるためには、「食事制限」も並行して行うことが効果的です。

低糖質・低脂質・高タンパク質な食事を心がけましょう。
また、GI値が低いものを食べるのも良い方法です。

  • 筋トレには一定のダイエット効果はあるが、大きなダイエット効果を期待するのは間違っている
  • 筋トレのダイエット効果を最大限に高めるためには、「食事制限」も並行して行う

まとめ

  • 自分の目的に合ったトレーニングをしなければ、なかなか目的を達成することはできない
  • ボディビルダーやフィジーカーを目指しているなら、プロに体作りの基本を教えてもらうのが良い
  • スポーツで有利になりたいなら、自分がやっているスポーツに速筋と遅筋のどちらが適しているかを考える。速筋は瞬発力に、遅筋は持久力に優れている
  • 健康を目的に筋トレをするなら、自宅で気軽にできる自重トレーニングがオススメ
  • 「異性にモテたい!」場合、男性は大胸筋や広背筋、腹筋や上腕二頭筋を中心に鍛え、女性は大胸筋や腹筋、内転筋を中心に鍛える
  • 筋トレを続けてさえいれば、必ず筋肉は大きくなって自分の自信になる
  • 筋トレのダイエット効果を最大限に高めるためには、「食事制限」も並行して行う

コメント

タイトルとURLをコピーしました